Posts in Category ‘家庭教師*ポイント’

家庭教師と2人3脚で学ぶメリット

今回は、塾や予備校ではなく、家庭教師を選ぶメリットについてご紹介しましょう。

家庭教師と1対1で学ぶメリットは、大きく分けて4点挙げられます。

・時間や場所を気にする必要がない

まず1つが、時間と場所です。

自宅で勉強できるため、部活と両立も可能ですし、ちょっとした急な対応にも応じてもらいやすいです。

・子供に合わせた授業ができる

家庭教師の授業は、塾や予備校とは違い特定のカリキュラムがなく、教材も決まっていません。

現在の子供の学力に応じた勉強法で始め、志望校合格までステップを踏みながら授業を進めていくことができます。

また、1対1のマンツーマンだからこそ、行き詰ったときにも質問しやすく、
苦手を克服したい子供のサポートもしてくれるでしょう。

・志望校の先輩という可能性もある

家庭教師の中には、志望校出身の先輩が行ってくれることもあります。

経験者でもあり、合格者でもある先輩から指導してもらうことは、
より現実味も湧き受験に対するモチベーションも上がりやすくなるでしょう。

・家で勉強するクセがつく

受験勉強を効率良く、より効果的に進めていくためには、自宅での学習が何より重要となります。

自分の部屋で授業を行うため、自然と自室で勉強する習慣がつきやすく、集中しやすいというのもポイントです。

塾でもなく予備校でもなく、家庭教師を選ぶ際のメリットは大きいと言えるのではないでしょうか?

学校では真面目に勉強できるけど、自宅へ帰ってくると怠けがちな子供はやはり多いのが実態です。

2人3脚で学習能力UPに繋げましょう。

長時間集中できない子供に合った家庭教師

子供は性格も違えば個性も違い、学力や得意分野にも違いがあります。

家庭教師を利用される家庭の中には、
評判の良さや人から教えてもらって選ぶケースも多いようです。

集団指導塾とは異なりマンツーマンで勉強を進めていくのが家庭教師なので、
生徒と教師の相性は非常に大切と言えます。

どんなに優秀な教師でも生徒との相性が悪ければ、
生徒自身も積極的に学びたい気持ちが低くなってしまうでしょう。

例えば、勉強では集中することが大切ですが、
長時間集中することが苦手な子供は珍しくありません。

それなのに、量やスピードを重視した指導をする家庭教師では、
子供の実力を最大限に引き出すことが難しいでしょう。

集中することが苦手な子供は学習内容を記録できていないことも多く、
それが大きな不安につながることもあります。

「集中して」と教師や親が言っただけで実行することは難しいので、
量を考えずに質のある成果型の宿題を出してくれる家庭教師が適しています。

いつまでに今日やった部分をできるようにするなど、
期限と範囲を設ける指導なら、子供も短時間で集中して勉強する姿勢になりやすいです。

指導法だけではなく、生徒の状況や気持ちを汲み取れる教師を選ぶことも大切でしょう。

子供が興味や関心のある話を混ぜて説明をする、
適度な休憩を入れて集中力を維持させる配慮ができる家庭教師を選べば、
集中することが苦手な子供も苦を感じず、勉強ができます。

ただ教え方が良い家庭教師を選ぶのではなく、
集中が続かない子供に対応できる相性の良い家庭教師を選ぶことが大切です。

学生家庭教師を選ぶ理由

学生家庭教師とプロ家庭教師、やはりプロを選ぶ方が良いでしょうが、
学生でも良いというのはどういう時でしょうか。

丁寧な指導をしてもらうという場合、
問題を抱えている子どもに指導をしてもらいたいと家庭教師を頼むのであるならばプロが良いでしょう。

プロであるならば、自分自身が「できない→できる」になった経験を持つ人もいるでしょうし、できない生徒を教えた経験もあるでしょう。

そして教える苦労も知っているはずですが、学生で家庭教師をする人と言うのは、たいていがエリートです。

できない理由が理解できないという家庭教師もいるのです。

そして、わからない生徒にわかるように教える事ができる技術も持っていないのです。

もし、技術を持っていたとしても、できない人の心を思いやる事はできないでしょう。

そんな先生にあたって、子どもが上手く行くはずがないのです。

もちろん、学生でも運よく良い先生である場合もあります。

子どもの頃どんな形でも人に教える経験をしている人です。

ただ、そういった先生を探すのは簡単ではありません。

問題を抱えているなら、学生家庭教師はやめた方が良いでしょう。

学生でも良い場合、これはサポートと考えての利用です。

進学塾に通っているけれど、宿題など家庭学習だけ見て欲しい、
勉強が習慣になるように、勉強している間そばに誰かいて欲しいと考えた場合です。

親でもできるけれど、親にはその暇がないという場合、
指導力はなくても教科力を求めている場合には良いのです。

必要性と利用時期

家庭教師はどういった時に利用すれば良いのでしょうか。

例えば、サクシードという家庭教師派遣会社では、勉強の習慣付け、苦手教科の克服、中学受験対策、進学塾との併用、公立中高一貫校の受験対策、私立中高一貫校生のフォロー、定期テスト対策、高校受験対策、大学受験対策、帰国生受験、インター生補習、不登校生のフォローなど様々なニーズに対応した指導を行っているそうです。

つまりは、家庭教師は希望に合わせなんでも指導してくれるということなのです。

生徒側が、希望すればなんでもと言うことは、
別に家庭教師に指導を受けなくても良いのに、
利用してしまう可能性があるのです。

「別に良いのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、
個別指導は集団指導の塾を利用するよりも費用が高額になりますので、
不必要なものに高いお金を出すことになるのです。

例えば、子供が不登校になり、勉強したいのにできない、
親が指導するわけに行かない、かといって外出するのは嫌だという子供を無理矢理塾に通わせるわけには行かないのです。

そういった場合は、家庭教師を選ぶしかないので、
お金の問題ではないわけです。

また、家庭教師を利用する時期も問題です。

最近予防医学に力を入れている医師が増えているそうですが、
勉強がわからなくて立ち行かなくなってからマンツーマンの個別指導を利用するよりも、そういう状況にならないように家庭教師を利用する方が良いかもしれないのです。

必要性や利用時期を考える必要があるのです。

学生家庭教師のメリット

昔は家庭教師と言えば相当優秀な人、あるいは相当お金持ちの人が利用するサービスでした。

テストが平均点以下、集中力がなくあきやすい、勉強のやり方がわからない、
塾についていけなくなったといった「勉強が苦手」な生徒の指導を得意としているそうです。

実は勉強が苦手な子供ほど家庭教師が必要です。
勉強の得意な生徒は、家庭教師がいなくても、
学校の先生や塾の先生に質問する、あるいは自分自身で、わからない問題を調べることができるからです。

では、どうして勉強のできない子供は質問することができないのでしょうか。

勉強ができる子、苦手な子、どちらの子でも、質問できない、恥ずかしがり屋の子供はいるのです。
ただ、勉強ができない子の質問できない理由はそれだけではありません。

勉強が苦手な子の多くは、自分がわからないことがわからないのです。
質問することもできないし、どうやって勉強すれば良いかもわからないのです。
そのため、何を先生に質問すれば良いのかわからないのです。

だからこそ、勉強が苦手な子供には家庭教師が良いのです。

家庭教師ならできない原因をみつけ、
前に進めてくれるのです。

「学生家庭教師会神奈川」では、勉強が苦手な生徒の指導を得意としているそうです。

大学生の家庭教師なので、
生徒と年齢が近く、同じ目線で指導ができるそうです。

また、年齢が近いことから自分自身の使っていた教材と内容が近く、
重要なポイントもよくわかっているそうです。
当然、コミュニケーションも取りやすいのです。

親がどこまでできるのか?

中学受験のために親ができることって何でしょうか。

体調管理、それからスケジュール管理、塾に通っているならプリント類の整理なども重要なポイントになるそうです。

勉強する中で、スケジュール管理はかなり重要で、
いつどういう勉強をするか、きちんと計画を立てないといけないのです。

家庭教師に指導をお願いすると、体調管理以外のそういったことを全部先生がやってくれるのです。

毎日、何を勉強すれば良いか、問題集のどこをやって、間違った問題は付箋をつけて、
チェック表をどうつけるか・・・

特にテスト直しなどの誤答処理は重要ですが、そういった細かいことまで教えてもらえるそうです。

これは、家庭教師に指導をお願いしている知り合いに聞いたのですが、
本当に至れり尽くせりなのだそうです。

子供が中学受験の勉強をする場合、勉強以外にやらなければならないことがたくさんあるのです。

主に「整理」です。
時間の管理にしても、プリント類などにしても、きちんと整理しておかなければ、勉強が進まないのです。

今、我が家は家庭教師をお願いしていないわけですから、
代わりに私がそういう「勉強以外にやるべきこと」を手伝う必要があるのです。

これは、我が家の場合、家庭教師をお願いしても、やっていく必要があります。

6年生の1年間だけ家庭教師をお願いするのですから、
当然プロ講師に頼むのです。

時給が当然高いので、私ができることは先生にはさせないで、
私が教えられないこと、プロの仕事だけに専念してもらいたいからです。

YouTube先生を探せ!

前回、家庭教師をネットで探す時の話をしましたが、
最近は、YouTube動画で良い家庭教師を探せるのではないかと思っています。

我が家も家庭教師を探しているのですが、今のところは何とか私が勉強を教えている状況ですが、最近教えられずに困る事がよくあります。

子どもの問題を解く事はできるのですが、それを上手く説明できないのです。

こんな時、やはり家庭教師がいてくれればと思うのですが、
そういった時に役に立ってくれるのが、YouTube先生です。

家庭教師や塾の先生が、授業動画をアップしてくれているのです。

それぞれの科目・単元について結構詳しく説明してくれています。

私の場合、色々な動画を見て、自分で理解し、それを子どもに説明するという方法をとっているのですが、直接子どもに見せるのも良いと思います。

私も以前、「これはわかりやすい!」と思う動画を子どもに見せた事があります。

すると、子どもは「気持ち悪い、この人!!」って・・・
「ああ、そこなんだ・・」と感じました。

わかりやすい授業の前に、子どもにとっては自分が好きか嫌いかという事なんです。

嫌いな人に勉強を教わりたくないという事なのです。

結局良い動画だったのですが、子どもには入ってこないようで、
私が、教えたのですが・・・(汗)

でも、これで家庭教師探しができるのではないでしょうか。

勉強動画を探すだけなら最近「Try it」というのもあり、
会員じゃなくても無料で授業の動画が見ることができるので良いと思うのですが、
授業動画を見て個人契約の家庭教師を探そうと思っている人はYouTube先生から、子どもと合う人を見つければ良いのではないでしょうか。

ネットで家庭教師探しをする時は・・

家庭教師を探す時、まずネットを見るという人が多いようですが、
インターネットはSEO対策などでトップページに上がっているサイトが多いので、
人気のある派遣センターだからトップページに載っているのではないという事は知っておくべきでしょう。

今、家庭教師の数はものすごく増えています。

そのため、良い先生がネット上では埋もれている事もあるはずです。
「Yahoo!」の検索では、設定で表示件数が変更できます。

私は検索する時は一番多い100件にしています。
ページをめくるのは面倒ですからね。

それでもランダムに最低でも数ページは見てみると良いと思います。

また、探す時のキーワードは「家庭教師」のみではなく、できるだけ限定できるようにせめて地域は特定しましょう。

「家庭教師」で検索すれば、大手の派遣会社かグループで力を持つところがどうしても有利になってしまうのです。

また、チラシや折り込みを見る、家庭教師をしている知り合いから情報を得るというように、様々な方法で探す事が大切なのです。

今回は家庭教師センターの検索サイト「かてきょナビ」をご紹介します。
「かてきょナビ」では我が子に合う家庭教師センターのネット診断が可能で、
無料で資料請求も可能です。

そして、どんな家庭教師を選べば良いのか、
どういった派遣センターが良いのかという事も書かれているので、
派遣センター選びの参考になるのではないでしょうか。

ただ、「かてきょナビ」にもスポンサーがあるわけですから、
そう言った事も考慮して、しっかりとそれぞれの派遣会社の中身を比べて行きましょう。

家庭教師のホームページは要注意!

最近は、誰でも簡単にホームページが作れるので、
見栄えの良いホームページに騙されないようにしなければなりません。

家庭教師のホームページも多いですね。
良い家庭教師を探すためにホームページは役立つのですが、
しっかりと実際の中身を見ることが大切です。

最近ではホームページだけでなく、ツイッターやフェイスブックにページを作っている派遣会社もあります。

フェイスブックやツイッターで何をしているかと言えば、
会社のイベントや無料体験授業の宣伝、あと一問一答式の知識問題をクイズ形式でアップしているものもあります。

こういった情報は確かに役に立つのだけれど、
家庭教師の中身とはあまり関係ありません。

クイズの中身が良い問題だとしても、
それを誰が作っているのかが問題になるわけです。

無料体験授業の先生が良かったから契約したのに、
実際に指導が始まると別の家庭教師がやってきたなんて話も少なくありません。

無料体験の時と同じ先生が来てくれるかどうかは基本ですが、
ホームページは、ブログを見るのが一番でしょう。

普段の授業のことや自分の考え方を家庭教師自身が書いているブログを見れば、
ある程度どんな先生かはわかるでしょう。

また、多くの講師を抱えている派遣会社の場合、
講師の個人的なブログはないかもしれませんが、
代表のブログがあれば、それでも良いのです。

どんなに良い講師がいても、代表が悪ければそこで良い家庭教師を選ぶことは難しいのです。
トップが良ければ良い先生は自然と集まってくるのです。

マンツーマンのデメリット

家庭教師の良いところは、何と言ってもマンツーマンで指導してもらえるところですが、
マンツーマンだから良くないということもあります。

これは、うちの息子がそうなのですが、
先生に甘えてしまうところです。

家庭教師ではなく塾の場合、他の生徒さんがいらっしゃるわけですから、
先生に対する遠慮や、他の生徒さんへの「手前」というものも出てくるでしょう。

でも、マンツーマンだと、つい先生に甘えてしまうところがあるのではないでしょうか。

うちの場合は、家庭教師の先生がビシッと言って下さるので、
グダグダな感じにはなっていないようですが、
優しい先生ならそうは行かないかしれませんよね。

わからない問題があれば、自分で考える前に、
先生に尋ねるといったこともあるかもしれません。

よく、個別指導塾の指導を家庭教師と比較して、自立学習だという人がいますが、
家庭教師でも自立学習を進める事はできます。
ただ、先生によっては、子どもの自立学習が進まないということもあるのです。

個別指導塾では、先生が他の生徒の指導をしている時は、
自分一人で勉強するしかないわけですから、自立が促されるということでしょう。

マンツーマンの場合は、先生が教えるという指導をしているだけでは、
自立学習が進まないかもしれませんね。
うちの場合は、先生はあえて子どもに問いかけをしているようです。

以前やった学習内容を子どもが覚えているか確認する時、
あるいは本当に理解しているか確認するために、
あえて質問し、本人が先生のように教えるという学習法を行っています。