長時間集中できない子供に合った家庭教師

子供は性格も違えば個性も違い、学力や得意分野にも違いがあります。

家庭教師を利用される家庭の中には、
評判の良さや人から教えてもらって選ぶケースも多いようです。

集団指導塾とは異なりマンツーマンで勉強を進めていくのが家庭教師なので、
生徒と教師の相性は非常に大切と言えます。

どんなに優秀な教師でも生徒との相性が悪ければ、
生徒自身も積極的に学びたい気持ちが低くなってしまうでしょう。

例えば、勉強では集中することが大切ですが、
長時間集中することが苦手な子供は珍しくありません。

それなのに、量やスピードを重視した指導をする家庭教師では、
子供の実力を最大限に引き出すことが難しいでしょう。

集中することが苦手な子供は学習内容を記録できていないことも多く、
それが大きな不安につながることもあります。

「集中して」と教師や親が言っただけで実行することは難しいので、
量を考えずに質のある成果型の宿題を出してくれる家庭教師が適しています。

いつまでに今日やった部分をできるようにするなど、
期限と範囲を設ける指導なら、子供も短時間で集中して勉強する姿勢になりやすいです。

指導法だけではなく、生徒の状況や気持ちを汲み取れる教師を選ぶことも大切でしょう。

子供が興味や関心のある話を混ぜて説明をする、
適度な休憩を入れて集中力を維持させる配慮ができる家庭教師を選べば、
集中することが苦手な子供も苦を感じず、勉強ができます。

ただ教え方が良い家庭教師を選ぶのではなく、
集中が続かない子供に対応できる相性の良い家庭教師を選ぶことが大切です。