学校ではだめなのか?

家庭教師に助けを求めるのはどういう時でしょうか。

子供の学習に関して親ではできないことが起こった時です。

例えば、学校の勉強がわからない、
宿題を教えてやりたいが、教えられないという時、
家庭教師は役に立ちます。

もちろん、こういったことは学校の先生に尋ねれば良いのですが、
出された宿題を親が教えられないからといって、
先生が教えてくれるのでしょうか。

子供自身が質問すれば教えてくれるとは思いますが、
本当に一人ひとりの子供にわかるように教えてくれる時間が学校の先生にあるとは思えないのです。

学校の勉強だけでは足りないから、塾を奨励しているのではないでしょうか。

大っぴらには口には出さなくても、「塾で習ってるでしょ」と思っている学校の先生もいるのです。

また、最近、経済的に塾に通えない中学3年生に塾代を補助してくれるという制度を設けている自治体もあります。

学校でできないからではないでしょうか。

学校の勉強だけでは、レベルの高い高校に行くことが難しいので、
「塾に通って勉強してくれ」ということなのです。

学校で習っているはずの学習でさえ、塾に通わなければならないのですから、
学校で習わないものは当然、塾や家庭教師にお願いしなければなりません。

中学受験のための勉強がそうです。

中学受験では小学校で習わない内容の問題が出題されますので、
学校以外で勉強するしかないのです。

中学受験の学習は親が教えるのは難しいので、
塾や家庭教師に頼む方が良いといわれているのです。