学生家庭教師を選ぶ理由

学生家庭教師とプロ家庭教師、やはりプロを選ぶ方が良いでしょうが、
学生でも良いというのはどういう時でしょうか。

丁寧な指導をしてもらうという場合、
問題を抱えている子どもに指導をしてもらいたいと家庭教師を頼むのであるならばプロが良いでしょう。

プロであるならば、自分自身が「できない→できる」になった経験を持つ人もいるでしょうし、できない生徒を教えた経験もあるでしょう。

そして教える苦労も知っているはずですが、学生で家庭教師をする人と言うのは、たいていがエリートです。

できない理由が理解できないという家庭教師もいるのです。

そして、わからない生徒にわかるように教える事ができる技術も持っていないのです。

もし、技術を持っていたとしても、できない人の心を思いやる事はできないでしょう。

そんな先生にあたって、子どもが上手く行くはずがないのです。

もちろん、学生でも運よく良い先生である場合もあります。

子どもの頃どんな形でも人に教える経験をしている人です。

ただ、そういった先生を探すのは簡単ではありません。

問題を抱えているなら、学生家庭教師はやめた方が良いでしょう。

学生でも良い場合、これはサポートと考えての利用です。

進学塾に通っているけれど、宿題など家庭学習だけ見て欲しい、
勉強が習慣になるように、勉強している間そばに誰かいて欲しいと考えた場合です。

親でもできるけれど、親にはその暇がないという場合、
指導力はなくても教科力を求めている場合には良いのです。