必要性と利用時期

家庭教師はどういった時に利用すれば良いのでしょうか。

例えば、サクシードという家庭教師派遣会社では、勉強の習慣付け、苦手教科の克服、中学受験対策、進学塾との併用、公立中高一貫校の受験対策、私立中高一貫校生のフォロー、定期テスト対策、高校受験対策、大学受験対策、帰国生受験、インター生補習、不登校生のフォローなど様々なニーズに対応した指導を行っているそうです。

つまりは、家庭教師は希望に合わせなんでも指導してくれるということなのです。

生徒側が、希望すればなんでもと言うことは、
別に家庭教師に指導を受けなくても良いのに、
利用してしまう可能性があるのです。

「別に良いのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、
個別指導は集団指導の塾を利用するよりも費用が高額になりますので、
不必要なものに高いお金を出すことになるのです。

例えば、子供が不登校になり、勉強したいのにできない、
親が指導するわけに行かない、かといって外出するのは嫌だという子供を無理矢理塾に通わせるわけには行かないのです。

そういった場合は、家庭教師を選ぶしかないので、
お金の問題ではないわけです。

また、家庭教師を利用する時期も問題です。

最近予防医学に力を入れている医師が増えているそうですが、
勉強がわからなくて立ち行かなくなってからマンツーマンの個別指導を利用するよりも、そういう状況にならないように家庭教師を利用する方が良いかもしれないのです。

必要性や利用時期を考える必要があるのです。