家庭教師が必要になる時

家庭教師に頼る時って、どんな時でしょう。
マンツーマンでの指導でしか対応できないという時です。

例えば、何ヶ月も学校を休んでしまった時、
学校の勉強がわからないという時などです。

学習塾では、休んだ時の分の勉強を見てくれるというわけには行きませんよね。

家庭教師だからこそ、生徒一人ひとりにぴったり合った指導が可能なのです。
最近不登校の人が増え、それに対応できる家庭教師も増えているそうです。

不登校の生徒の場合、勉強がわからなくなっているかもしれませんが、
それよりなにより、精神的に問題をかかえていることの方が多いのです。

特に人を信じられなくなっている場合が多いのです。

そこで、その子の様子を見ながら心にも寄り添える家庭教師が必要となるのです。

その生徒が学校に行けるようになった時、家庭教師は不要になるかもしれませんが、
それまでの間は、家庭教師でなければならないのです。

個別対応ということ以外では、受験など限られた時間で効果を上げる必要がある時は、マンツーマン指導が良いですね。

これも個別対応だからこそということではありますが、
本人にぴったり合った志望校対策をすることが最も効果的な学習につながるのです。

塾でも志望校対策をしてくれるのですが、集団指導で一人ひとりに本当にぴったり合った個別指導をすることなど不可能なのです。

勉強していても、理解しやすい方法、苦手な単元、全て一人ひとり異なります。
その生徒の理解の度合いに合わせてしっかりと指導を行える先生を探しましょう。