家庭教師と親の関係

この前、子供だけではなく、自分自身も勉強しなければいけないという話をしましたが、
同じような考えの人がいるようでした。

タレントのつるの剛士さんが、中学生の息子さんと一緒に塾通いをするということが、ネットで話題になっていたのです。

私自身は、子供と一緒に塾に通うつもりはないのですが、
子供が塾で習ってくること、あるいは家庭教師の先生に教えてもらったことをキチンと理解しているか、確かめられるようにしたいのです。

そのためには、自分自身もまず勉強ですよね。

ただ、家庭教師の先生にお願いする場合は、
親は何もしなくても良いのでしょうか。

子供を進学塾に通わせる場合は、必ず保護者のフォローが必須と言うことですが、
家庭教師の場合、何もしなくても全て先生がやってくれるのでしょうか。

親が不必要なことを教えるとかえって良くないですよね。

家庭教師派遣会社などの相談コーナーを見ると、
家庭教師ができない部分を親がすべきといったことが書かれています。

例えば、子供に頑張ってほしくてちょっときつく叱ってしまった時、
お母さんやお父さんは励まさなければなりません。

家庭教師に怒られ、親に怒られたのでは子供のモチベーションも下がってしまうでしょう。

後は、家庭学習の管理です。

カリキュラムやスケジュール立ては家庭教師の先生がやってくれるので、
それを子供ができているか、先生の言うとおりにできていない時は早めに相談するといったことも必要です。

やりすぎないで、でも、しっかりバックアップしてあげたいですね。